脇の永久脱毛の効果

ワキの永久脱毛の効果

ムダ毛に関して言えば、女性にとって1番悩ましいのはやはり「脇」だと思う。私も例に漏れず「脇」の毛は、夏場の1番の悩みだったといっても過言ではない。特に剛毛の持ち主は、剃ってもダメ、抜いてもダメ、かと言って生やしっぱなしもダメ、とにかく夏来るな!NO!ノースリーブ!である。

 

しかし、年頃になるとやはり彼氏の1人や2人できるもので、冬場といえども毛の処理をしないわけにはいかない!という窮地に立たされる。剛毛なので、剃っても黒い点々が思いっきり見えてるとなれば、毛抜きで抜くしかない。毛抜きで抜くと黒ずむよ?という忠告もそこそこに聞き流し、毛抜きでの自己処理を高頻度で繰り返すという暴挙に。結果、1年もすれば真っ黒になった脇…しかもプツプツの鳥肌状態。

 

とにかくそんな状態で、多感な思春期、イケイケ20代前半を過ごしたが、夏場はずっと腕を降ろしたまま。電車の吊り革はなるべく掴まない、クロールはなるべく腕を大きく上げずに泳ぐ、夏はそんな風に過ごした。結果、かなりのコンプレックスになってしまった。もちろんノースリーブなんて着ようともしなかった。
そんな折、ノースリーブどころかベアトップを着て、肩丸出しにしなければいけない事態が訪れた。そう、自身の結婚式だ。脇が隠れるドレスなんてそうそう無い。そこで一念発起して、レーザーで永久脱毛することに決めた。超有名な某美容外科の門を叩いた。

 

最初は、黒い色素に反応して云々?という説明を受け、「脇黒ずんでるけど、脇、燃えちゃいませんかね?」などとアホな質問をしたりして、戦々恐々としていた。輪ゴムではじく程度の痛みがありますと説明され、目の保護のためのゴーグルを装着し、保冷剤のようなもので冷やしてから開始!輪ゴムではじく痛みというより、ハンコ注射のような形状のもので軽く刺されてるようなチクチクした痛み。痛みは大したことないけど、バチンって音が結構すごい。あとかなり焦げ臭い…。終わってみるとあっという間で、施術中よりも、終わった後の方が軽い火傷のような痛みがヒリヒリして辛かった。

 

しかし、それも2回、3回と繰り返す内に慣れっこになり、効果が目に見えてくるので、痛みより嬉しさの方が強く感じるように。私は生えてる範囲が意外と狭かったのか、3回ほどでほとんど生えてこなくなった。施術から1年ほどで、黒ずみやプツプツもだいぶ改善され、こんなに良いんならもっと早くやっとけばよかった?と嬉しい悲鳴をあげた。もちろん結婚式でも自信をもってドレスを着られた。

 

脇の脱毛で味をしめ、今度は腕や脚もやってみようと思った。ところが、腕や脚は脇とは皮膚感覚が違うのか、施術中も施術後も痛いのなんの。しかも、脇と違って毛も細いので、レーザーの効果が薄い事が多いということもあって(病院からは説明済み)、個人的にはよく効果がわからなかった。

 

腕や脚の脱毛は正直失敗だったかなと思う。でもやってみなきゃ効果はわからないので、後悔はしていない。脇に関しては、施術から8年経つが未だツルツルの脇を見ては、本当にやってよかったと思う。娘にはコンプレックスに囚われる前に、出来るだけ早く施術させてあげたいと個人的に思う。

 

ワキの永久脱毛を安くできるところを探す